横浜・北條石材店なら
お墓を半額で建てる事ができるのです

公営墓地・民営墓地・寺院墓地の特徴・メリット・デメリット

霊園や墓地は、大きく分けて

  • 公営墓地
  • 民営墓地
  • 寺院墓地

の3種類があります。

それぞれの特徴を下記にまとめました。

  公営墓地 民営墓地 寺院墓地
経営主体 地方治自体が管理・運営 財団法人や社団体等の公益法人や、宗教法人が管理・運営 寺院等の宗教法人が管理・運営
募集時期 年に1回等、募集時期が決まっている いつでも申し込むことができる 必要な時期に申し込みできる
申込資格 各治自体により異なるが、
「その治自体に居住している」
「未納骨の遺骨がある」
等、応募資格が限られている事が多い
特に制限はない その寺院の檀家に限られる墓地と、檀家にならなくてもよい墓地がある
使用料及び管理料 民営墓地に比べると割安 公営墓地に比べると割高。
都市型郊外型では価格に大きな差がある
公営墓地に比べると割高。
檀家になった場合は、永代使用料と管理料の他に、寺院の維持のためのお布施や寄付が必要になる
メリット
公的機関は宗教に関与しないので、宗旨・宗派の制限がない。仏教、神道、キリスト教、無宗教等、どの宗教でも利用できる
永代使用料や年間管理費が安い
地方自治体が所有し、管理・運営しているので、安心して利用できる
石材店を自由に選べる(価格も石材店により大幅に違う事もある)
広々とした公園墓地が多い
広い区画から1平方メートル未満の小さな区画まで様々な区画が用意されているので、予算に合わせて選ぶことができる
宗旨・宗派を問わず、仏教・神道・キリスト教・無宗教等、どの宗教でも利用できるところが多い
たくさん造成されているので、取得しやすい
管理棟や休憩室等、付属設備が整っているところが多い
バリアフリー墓地が多くなっている
広々とした公園墓地が多い
駐車場を完備しているところが多い
最寄の駅から無料墓参送迎バスを運行しているところもある
寺院の管理ということで安心して利用できる
檀家になると、すべての法要をその寺院で執り行うことができる
法要の際にも、お墓と寺院が至近距離なので便利
寺院にあるので交通の便利がよい墓地が多い
日常的に僧侶の回向を受けることができ、良い供養になる
管理が行き届いている
デメリット
地域によっては競争率が激しく、なかなな入手できないところもある
募集時期が限られてるところが多い
返還墓地(前使用者から使用権が自治体に返還された墓地)を整備して新たに利用者を募集しているところでは、年度によって募集する場合としない場合がある
敷地が広すぎて自分のお墓を見つけにくい場合がある
墓石の大きさに制限があるところもある
公営墓地に比べると永代使用料や管理料が割高である
石材店が選べず、石材店が指定されてるところが多い。
価格も割高である
郊外の公園墓地では交通の便が悪いところもある
永続性に不安を感じさせる墓地もある
良く管理された墓地と、管理の悪い墓地との差が大きい
檀家になると、寄付やお布施をしてお寺の経営を支える義務を負う。
また日常的にお寺の行事に参加しなくてはならない
石材店が指定されてるところが多い
墓石の形状制限があるところが多い
空きが少なく、取得が難しい墓地が多い
宗派を問わない寺院墓地でも、法要はその寺院の宗派で行われる

公営墓地の最大の特徴(メリット)は、石材店が自由に選べるという事です。
つまり複数の石材店に見積もりを依頼する事が可能です。

公営墓地の競争率は高いですが、当選された場合は是非当社へご連絡いただければ、納得いただける金額を提示させていただきます。

このページの先頭へ